70年代レーサーテイストを四駆であるジムニーに融合。

70年代レーサーテイストを4駆であるジムニーに融合。 | アウトクラスカーズ

1970年代のレーサーテイストを彷彿とさせるデザインを四駆のジムニーに融合。
今最も新しいイチオシのスタイル!

70年代レーサーテイストを4駆であるジムニーに融合。 | アウトクラスカーズ

大人しめに仕様変更された現行ジムニーとは打って変わってワイルド感を押し出したスタイル。

攻撃的かつ懐かしいデザインのサイドデカール

攻撃的かつ懐かしいデザインのサイドデカール | アウトクラスカーズ

1番の特徴はサイドデカール。
大人なアウディホワイトを纏ったボディーを大胆に変身させた、攻撃的かつ懐かしいデザイン。

攻撃的かつ懐かしいデザインのサイドデカール | アウトクラスカーズ

サイドデカールのデザインのきっかけは、オーナーからの強い希望だったリアゲートへのテール移設。
その仕様を考慮し、何度も何度も思考錯誤を繰り返して完成したデザイン

ブラックアウト加工で引き締まった印象を演出

ブラックアウト加工で引き締まった印象を演出 | アウトクラスカーズ

あえてヴィンテージグリルをブラックアウト!黒のフェイスに浮かぶスズキのレトロエンブレムがニクい

ブラックアウト加工で引き締まった印象を演出 | アウトクラスカーズ

ビス留めしたオーバーフェンダーもブラックアウト。

ブラックアウト加工で引き締まった印象を演出 | アウトクラスカーズ

車高が高く見えて、ボディーもシャープな印象を与えてくれるサイドシルハードカット。当然のブラックアウト。

ブラックアウト加工で引き締まった印象を演出 | アウトクラスカーズ

リアゲートのステンレス製ヒンジをブラック仕様に変更!こちらのパーツは製品として工場で特殊塗装を施しています。

こだわりのインテリアでさらに男らしさを演出

こだわりのインテリアでさらに男らしさを演出 | アウトクラスカーズ

旧ヴィンテージGT仕様で、往年の名車を連想させるエアグロメットシートへ貼り替え。経年劣化で痛んだスポンジも修理して内装を仕上げた。

こだわりのインテリアでさらに男らしさを演出 | アウトクラスカーズ

純正絨毯は敷かず、鉄板むき出しのまま内装カラーをマットブラックに塗装。フロアマットや内張りは縞鋼板に変更してさりげないアピール。

こだわりのインテリアでさらに男らしさを演出 | アウトクラスカーズ

リアの内張りやラゲッジ部にも縞鋼板をふんだんに使用。マットブラックに仕上げた内装鉄部とのコントラストをうまく演出。